松本オーナー | トータルリペア

先輩レポート

好きを仕事にして、ストレスから解放され、「ありがとう」が嬉しい毎日になりました。

PROFILE

  • 松本オーナー
  • エリア:関東地方
  • 加盟年次:2009年
  • 前職:ダンボール製造会社(下請け)

加盟のきっかけ

a-cube有限会社
10年以上にわたってダンボール製造会社に勤務。6年前には独立も果たしたが、不景気の影響を受けて休業状態に。新たな道を模索していたとき、「好きな車を仕事にしたい」と考え、今年3月に加盟。

独立のキーワード

  • 人を喜ばせたい・感動させたい
  • 本部が親身になってくれた
  • 趣味と両立

Q1 独立・起業のきっかけは?

以前は、ストレスの連続でツライ毎日。 好きな仕事で、無理せず働きたかった。

10年以上勤務していたダンボール製造会社の下請けとして、6年ほど前に独立。 しかし、100年に1度と呼ばれる不景気の波が押し寄せた結果、親会社からの依頼も減り、休業状態になってしまいました。 従業員も10名以上抱えていたので、毎日が心配と不安でストレスの連続で、何か新しい事業を手がけたいと考えるようになりました。 もともと昔から趣味でレーシングカートに乗っていることもあり、できれば「好きな車に関わる仕事をしたい」と考えました。 好きなことであれば、きっと飽きずに長続きすると思ったのです。 また、1人でも無店舗で開業でき、粗利率も90%と高かったので、まさに今の私にぴったりの仕事だ!と感じましたね。

Q2 独立・起業のプロセスは?

一番の決め手は、「サポート体制の充実」と 「礼儀正しく誠実な、本部の方々の対応」

なかでもトータルリペアに決めた理由は、本部のサポート体制がしっかりしていたこと。 開業後に万が一トラブルが発生した場合も、いつでも電話でアドバイスがもらえ、なおかつ、研修センターに行けば、インストラクターの方に直接施工のアドバイスをもらえるところには、大きな安心感がありましたね。 開業した途端に、1人で投げ出されたのでは、困りますからね(笑) また、対応してくれた本部の方々が非常に礼儀正しく、誠実だったことも大きな決め手になりました。 ここなら信頼できると決意し、加盟した後は、すぐに研修に参加。 インストラクターのお手本を見ながら、実際にリペアの実習を行ない、基礎を習得することができました。

Q3 仕事の魅力・やりがいは?

一番の決め手は、「サポート体制の充実」と 「礼儀正しく誠実な、本部の方々の対応」

なかでもトータルリペアに決めた理由は、本部のサポート体制がしっかりしていたこと。 開業後に万が一トラブルが発生した場合も、いつでも電話でアドバイスがもらえ、なおかつ、研修センターに行けば、インストラクターの方に直接施工のアドバイスをもらえるところには、大きな安心感がありましたね。 開業した途端に、1人で投げ出されたのでは、困りますからね(笑) また、対応してくれた本部の方々が非常に礼儀正しく、誠実だったことも大きな決め手になりました。 ここなら信頼できると決意し、加盟した後は、すぐに研修に参加。 インストラクターのお手本を見ながら、実際にリペアの実習を行ない、基礎を習得することができました。

今だから笑える話

仕上がりを見たお客様が、目を輝かせて 喜んでいる。そんな瞬間が何よりも嬉しい。

この仕事を始めて、まだ1ヶ月ほどですが、大きな組織の下で歯車となって頑張っていたときとは比べようもないくらいの手ごたえや、やりがいを感じます。 施工後の仕上がりをご覧になったお客様が、「どこに傷があったのか、分からないくらいキレイになっている!」と驚かれた瞬間、喜んでもらえる仕事ができてよかったと、本当に嬉しく感じます。 まだ、技術を磨いている途中ではありますが、マニキュアコートを中心として、リピートで依頼いただけるお客様も増えてきました。 現在の目標は、半年後にはこの事業を軌道に乗せること。 そして将来は、趣味のレーシングカートの専門ショップをつくることが私の大きな夢でもあります。

私のON OFF

大好きなレーシングカートの世界に 早く復帰し、妻と共に思い切り楽しみたい。

私が人生で最も熱中しているのが、レーシングカート。乗るのも見るのも好きで、動体視力や筋肉を鍛えるために、監督の勧めでバドミントンまで始めたほど。実は妻ともレースが縁で出会ったんです。2人でサーキット場に行きたいのですが、まだ開業したてなので、今はひたすら我慢(笑)。事業が軌道に乗ったら月に1度はレースを楽しむ生活に戻りたいので、今は、頑張らないといけませんね。

オーナー情報

講習見学会申込み

資料請求