小賀坂オーナー | トータルリペア

先輩レポート

3年間、このビジネスを成功させてきた秘訣とは!?

PROFILE

  • 小賀坂オーナー
  • エリア:北海道・東北地方
  • 加盟年次:2009年
  • 前職:会社員

加盟のきっかけ

福島県 トータルリペア加盟店
3年間事業を成長させ、先輩オーナーのお手本のような存在となる。 アントレにも3度登場。 震災も乗り越え、常に高い目標を持ち続け、新たな事にも積極的に取り組む。

独立のキーワード

  • 夢を叶える
  • まずは行動
  • やった分だけ結果に結びつく

Q1 独立・起業のきっかけは?

あっという間の3年間。 会社員では味わえない、濃い3年でしたね。

独立してからの3年を振り返るとあっという間でしたね。 1年目は顧客を掴むのに必死でした。 2年目は掴んだ顧客にしっかり価値をお返ししながら、新規を増やしていく。 3年目はさらに高い目標を置いて、既存のお客様と新規のお客様のバランスを考えていました。 それまでの会社員生活が充実していないとは言いませんが、独立してからのこの3年間は本当に濃いものでした。 何より、自分で勝ち取って掴んできたお客様に、自分でリペア作業を行い喜んでいただく、その醍醐味は代えがたいものがあります。 3年間の活動で肌で感じるのは物が壊れたら交換するという文化からリペアをして使い続けるという流れが徐々に到来していると思います。

Q2 独立・起業のプロセスは?

知識と技術の組み合わせが新しい道を拓いていく。

技術はこれでいいというものはありません。 お客様から頂く仕事は常に状況が異なります。経験の積み重ねによって、この時はこうした方がいいなと、相場観で対応していく仕事ですので依頼された仕事はどんどんチャレンジしてみるべきだと私は思います。 例えば、先日こんな経験がありました。 風呂場のキャビネットが壊れたので修復して欲しいというお客様がいました。 私は出来るか迷ったのですが、思いきって受ける事にしました。 そこで活かせたのが「車のインテリアリペアの知識」、「ホイールの面取り技術」「サッシリペアの塗料の技術」これらの応用なんです。 これとこれを組み合わせればイケるなと、アイデアがひらめいた時は快感ですね。

Q3 仕事の魅力・やりがいは?

高校生の子供も「お父さんの仕事もいいね」と言っています

独立から3年、子供も高校生になり「お父さんの仕事もいいね」なんて言ってくれています。私は「よし、きたな」とこれまでやってきた事が間違えではなかったと嬉しく思っています。 独立当初の売上は月間10万円だった事もあります。 そこから目標を持ち、営業に回り、技術を磨き続けたことで、月間100万円を超えるようになりました。 そして、夢はまだまだ広がっていて、自ら買い付けたホイールにリペアを施し、自ら販売してくなんていう構想も持っています。 さらに、家族が「この仕事をやっていて良かった」と感じてもらえるように、一緒に余暇を楽しんだり、車を購入したり、家を広くしたサービスや形として何か残せるといいと思っています。

今だから笑える話

4種目を事業としていますから、失敗が次のアイデアの源泉です。

インテリアリペア、マニキュアコート、ホイールリペア、ウッド&サッシリペアをアイテムとしているので、一通り覚えるのが大変で、何度も失敗しました。 今では家具やフローリングが修復できるので、各リペア技術も非常に役に立っていますね。

私のON OFF

今後は時間確保の為にも、さらに仕組化はしていきたいと思います。

母や弟にも仕事を手伝ってもらっているので、きっちりした切り替えというよりもプライベートと仕事は非常に近いものですね。 50代、60代になったらさらに、仕組化はしていきたいと思います。 そうすればもっと時間に余裕ができるかと思いますね。

オーナー情報

講習見学会申込み

資料請求