先輩レポート|トータルリペア

革シートの焦げ穴も直す高い技術力!8年間、リピートだけで安定収入を実現しました!

先輩レポートイメージ

PROFILE

鈴木オーナー 44歳
トータルリペア加盟店
前職は飲食店経営者。
クルマ好きで安定した仕事として、トータルリペアを選んで2002年年末に独立。
●家族/奥さんと息子さん2人
●趣味/子供と遊ぶこと。
「家族といる時間が増えてきましたね」。

独立のキーワード

一生続けられる仕事

営業アプローチ

自分のペースでできる

独立・起業のきっかけは?

先輩レポートイメージ

低コストで、流行り廃りもないから
安定していると思って始めました。

この仕事を始めるまでに17台は乗り継いだ位のクルマ好きです。
「家賃も仕入れ在庫もかからないし、クルマを直す仕事なら、地方では各家庭に一台はあるくらいだからずっとニーズがあるだろう」と思って、本部に問い合わせました。それで本部が送ってくれたのが「出張リペアのニュース映像」。
革シートの穴がキレイに直るのに感動したんですよ。
これならイケるだろうと、独立を決めました。
決め手は、リペアの技術力の高さと「流行り廃りのない、安定した仕事」であること。
実際、この2つのポイントは最初の予想通り、独立して8年間ずっと、私自身で実現できていますね。

独立・起業のプロセスは?

先輩レポートイメージ

技術は上達するまで何度でも聞く。
営業も絞り込むのがポイント。

独立の際の壁といえば、「技術がなかなか上達しないこと
それと、営業がうまくいかないこと」ですね。
技術力については、研修が終わっても現場で不明なことがあれば遠慮せず、本部にその場で電話して聞くこと。リペア技術に不安がある最初の頃には、家族並みかそれ以上に本部には連絡を取って相談してましたね(笑)。
親身な本部に、営業面の悩みも相談しました。
「手当たり次第に回る」やり方から、本部の言うように「営業先を絞り込んで一件一件掘り下げて話を聞きにいく」ようにしてから、ちゃんと相談してもらえるようになりましたし、仕事にもつながっていきましたね!

今だから笑える話
リペアした状態で「どのぐらい持つの?」自信を持って言えなくて悔しかったですね。
リペアでは「どのぐらい持つんだ?」と聞かれることが多くあります。
お客さまはシビアで細かくみますから、自信のない答え方はダメですね。
素材と作業(塗り方)によってどうなるのか、いろいろサンプルを作って、リペア後にこすったりもんだり。
「絶対はがれない」やり方を身をもって覚えていきました。今では キズを見て、条件や工数、手間のかかり方、出来上がりまで説明していますね。

仕事の魅力・やりがいは?

先輩レポートイメージ

売り込まない。
相談に乗るだけでいい。

営業では、売り込みせずにお客さまのクルマ屋さんから『直る?』って、聞かれるまで何度も通うだけです。
相談されたら、「いくらで直せば(高値で売れて)儲かるのか」を聞き出して、クルマ屋さんが儲かるように「直し方」と「料金」を提案しています。
“良い商売になる”と喜んでくれるのが一番。一度信頼されれば、値段競争になりません。
着実に相談されるようになって、こちらの言い値でリペア技術を提供できて、売上も安定していきます。
私は、そうして「クルマのプロたち」に認められて、自分の仕事で喜んでもらえるのが一番のやりがいですね。
もちろんやればやったなりに収入が増えるのも魅力ですよ。

私の ON OFF
息子と遊んだり、奥さんと飲みに行ったり。
授業参観も家族旅行も回数が増えましたね。
先輩レポートイメージ 日曜日が休日です。ゆくゆくは週休2日にしたい。
日曜には、午前中はのんびり起きてゆっくり朝ごはんを食べて息子と遊んでいます。
夕方に奥さんと飲みに行くこともありますね。
この仕事で独立してから、家族で一緒にいることが増えました。授業参観とか学校行事にも参加できる。
父親の集まりにも出れて良かったですよ。
今後は連休を取り家族で旅行に行く回数を増やしたいですね。
ページトップへ