先輩レポート|トータルリペア

独立して2年。アイテムも増えているので、リペアのバリエーションが広がっています。

先輩レポートイメージ

PROFILE

鈴村オーナー
岐阜 トータルリペア加盟店
自分の仕事という気持ちが薄らいだ公務員生活から抜け出して、良くも悪くも自分次第という独立の道で第二の人生をスタート。
現在、独立して丸2年。
ウッド&サッシリペアにも積極的に取組んでいる。

独立のキーワード

一生続けられる仕事

広報PR方法

スゴイと驚かれる技術

独立・起業のきっかけは?

先輩レポートイメージ

定年後の自分の人生をもっと充実させたい!
それを叶えてくれたのがトータルリペアです

「このまま公務員を続けていても時機に定年がやってくる。なら早い段階から第二の人生計画を立てるべきだ。」と考えていた時に私はトータルリペアと出会いました。
「捨てない・壊さない・取り替えない」という部分に思わず魅かれ、本部に電話問い合わせをしたところ一度体験会にいらしてくださいと促され
参加してみたら「こんなビジネスがあったのか!?」ともう夢中になりましたね。
自分の家にも古くて買い替えようかと考えつつも捨てられない愛着のあるソファーがあります。
この技術ならそれを再生できますし、一生続けてくことだって不可能じゃない。
そう考えて家族を説得し、思い切って独立の道を選んだのです。

独立・起業のプロセスは?

先輩レポートイメージ

研修で技術は身につけても営業活動は不安
そんな私をサポートしてくれたのが本部です

「名刺と営業ツールを置くだけで、必要以上に売り込みはしなくても大丈夫ですよ。」と研修で教わりました。はじめは、半信半疑でした。
実際、私の開業した岐阜県は大都市でもありませんし、仕事が本当にあるのかと。
でも、本部に指導されたとおりに研修期間中からホームページを準備して、開業をお知らせするレターを新聞社に送ってみたところ、中部経済新聞に記事が掲載され開業当日に3件ものお問い合わせをいただきました。
これには本当に驚きましたね。
反響の大きさもさることながら、1件30万円という大口案件も舞い込んできたほどですから。
中日新聞の岐阜県版にも掲載され、仕事も増えましたね。

今だから笑える話
初めて持ち込まれたホイールの難しい案件
先輩オーナーに助けてもらいました!
開業して間もない頃、ホイールのリペアで難しい案件が持ち込まれました。
「どうしよう出来るのか?」と自分一人で考えていても埒が明かないと思い、すぐに近隣の先輩オーナーに連絡をとって、教えてもらいながらキレイに仕上げることができました。
この時の出来事があるので、私も後輩にはできるだけサポートしたいと思いますね。

仕事の魅力・やりがいは?

先輩レポートイメージ

現在、独立して丸2年。
着実にお客様が増えています。

独立当初はリペアを知らない方も多数いましたが、ここ最近はやっと認知が広がりリペアの技術が定着してきたイメージです。
車1台まるごと、クリーニング、インテリアリペア、マニキュアコートを施工してほしい、なんて事もあります。
私の場合、仕事の6割がインテリアリペア。
家具やソファなど意外と需要があります。
この数字からみても、インテリアリペアの可能性は無限で、今は時間がなくて回れていませんが、工務店へのアプローチはチャンスがあると思いますね。
また、トータルサービスで新たに始めたサッシリペアの注文も入っています。

口コミでお客様が広がっていく商売。
しっかり信頼を積んでいけば確実に仕事は広がっていくと思います。

私の ON OFF
休日は、ほとんどボランティア活動に参加
妻もあきれるほどに飛びまわっています
先輩レポートイメージ ウインタースポーツが好きでスキーのインストラクターをしたり、地域の消防団で応急手当の指導員をしたり。
休日はボランティア活動に参加しています。
地域の方々との交流が楽しくて、妻にはあきれられていますがこれも私の人生を豊かに彩る要素の一つ。
仕事ではリペアを通じて、そして休日はボランティア活動で地域に貢献していけることを楽しみながらやるのが私のモットーです。
ページトップへ