TOTALREPAIR

先輩レポート

【50歳からの人生】単身赴任の会社員生活から、家族と自分の好きな事で独立へ。

PROFILE
和田オーナー
エリア:関東地方
加盟年次:2010年
前職:会社員(管理職)
加盟したきっかけ
茨城 トータルリペア加盟店
数々の会社で管理職を経験したのち、トータルリペアで独立。 50歳の時に会社員生活を振り返り、これからの人生は自分らしく生きていこうと決意。現在、息子と二人三脚で活動中。
独立のキーワード
人を喜ばせたい・感動させたい
先輩オーナーとのネットワーク
プロとして自分が磨かれる実感

Q1 加盟のきっかけ

長年、管理職を経験して分かった自分らしい人生。

数々の会社で管理職を経験し、50歳を過ぎた頃にこれからは好きなことで自分らしく生きていこうと早期退職をして息子とトータルリペアで起業をしました。 様々な企業からヘッドハンティングのオファーもいただきましたが、会社員という道、ではなく、独立する人生を選びました。 というのも、会社員時代は自分がリストラをする決断をしたり、単身赴任で家族と離れ離れで暮らすのが当たり前になり、これまでの人生を振り返ってみたときに、これからは家族と好きなことで生きていくのもいいのではないかと思ったからです。 学生時代から車やバイクが好きなので、これまでの営業経験をいかしながら、職人として仕事をしてみたいと考え至りました。

Q2 営業は?

創業日は水戸にちなんで3月10日。 しかし、あの大震災が。。。

創業日は水戸にちなんで3月10日。 しかし、次の日にあの大震災が起こり、作業場はメチャクチャになり、電気、水道はストップ。あたりまえですが とても仕事どころではない状況でした。 結局、4月は何も出来ず、5月に入り息子と営業活動をスタートしました。 1社目に伺った車屋さんは反応が良くなかったのですが、後日連絡が入り、ホイールの注文をいただけました。 よく伺って見るとリペアを信用していなかったようで、自分が直したホイールを見て信頼を取り戻すことができました。 営業で気をつけているのは当たり前の基礎を徹底すること。 納品時は「仕上がりはどうですか」と必ず伺い、その時の反応を真摯に受け止め、次回に活かしています。

Q3 技術習得について

息子が仕事に打ち込める環境をつくる。 それが自分の使命です。

上記のような当たり前を徹底し、現在約10社とパートナーという形で取引させていただいています。 さらに、これまで先輩達が取組んでいない新しいマーケットを切り拓こうと新車ディーラーにあたりをつけて戦略的な営業を行っています。 ポイントはトータルリペアのツールをもとに、オリジナルの企画書やツールを使うこと。 このツールは自分で作っているので、自然と情報が頭に入り、商品・サービスの1~10までお客様に説明することができます。 私の使命は息子から「いつ休めるの親父」と言われるような状況を早くつくること。 そして、トータルリペアの加盟店の中で一番高い給与を払う事。 会社員が長かった自分の新しい人生のスタートです。

過去を振り返ってみて

腐食が進んでいる難しいホイールの修理だったのですが、なんとか息子と2日間かけて仕上げました。 最後の調整時にホイールから一瞬手を離してしまい、ホイールがゴロンと転がり、小石に当ててしまいました。 結局、再度やり直し。心底息子に誤ったのはあの時だけですね(笑)

日ごろのエピソード

今は息子の為にも毎日作業がある位の仕事量に持っていくことですね。 その為に私が営業をもっと頑張らなければと思います。 時間があれば趣味のゴルフやバイクでツーリングに出かけたいです。