TOTALREPAIR

先輩レポート

独立に迷った時、背中を押してくれた妻。仕事面でも精神面でも最高のパートナーです。

PROFILE
斎藤オーナー
エリア:北海道・東北地方
加盟年次:2016年
前職:デジタルカメラの製造工場
加盟したきっかけ
福島県 トータルリペア加盟店
デジタルカメラの製造工場に20年以上勤め、転勤の話しがあった際に独立を決意。家族が後押しをしてくれた。現在、妻も車内クリーニング、タイヤのマスキングなどを手伝い、公私共に支えている。
独立のキーワード
最後のチャンス
体験ができる
サラリーマン時代との違い

Q1 加盟のきっかけ

3つの選択肢から、 トータルリペアを選びました。

デジタルカメラの製造工場に20年以上勤めていましたが、会社の再編により、転勤をするか退職をするかという選択を迫られました。 ちょうどそんな時に車屋の友人が「実は会社を辞めて独立したんだよね。車屋ではなくリペアをする仕事なんだよ」という話しを聞いて、トータルリペアを知り、一気に興味が湧きました。 そこで家族に、単身赴任で転勤するか、家族で転居するか、独立するか、3つの選択があるなかで相談をしました。 その時に妻から返ってきたのが「自分の好きな選択をすればいいよ」というありがたい言葉でした。 自分は家族がなにより第一だったので、その言葉に勇気付けられ、背中を押されてトータルリペアに加盟を決めました。

Q2 営業は?

研修で合格しなければ、独立できない。 自分はそれが安心でした。

正直、研修は思ったよりも大変でした。 前職でも機械を設計したり、部品をチェックしたり、時には塗装も行っていました。 しかし、トータルリペアの技術はより専門性が深く、研修についていくのがやっとでした。 もちろんインストラクターの方がいるので、丁寧に教えていただけますが、自分から学び続ける姿勢が必要だと実感しましたね。 また、研修では試験に合格しなければ独立できないので、自分にとっては第三者の評価があることが、独立後の安心に繋がりました。 技術に誇りが持てるからこそ、お客様から「大切にしてきた物がこんなに綺麗になって良かった」と言ってもらえた時には、この仕事でしか味わえない喜びとやりがいを感じます。

Q3 技術習得について

仕事面でも精神面でも 妻が最高のパートナーです。

トータルリペアは開業後のサポートも豊富で、困った時の電話相談はもちろん、東北ブロックでの技術講習会、営業ノウハウの勉強会などを地元で開いていただけます。 スキルの向上はもちろんですが、周辺の加盟オーナーとコミュニケーションを図る場でもあるので、 積極的に成功事例などの情報交換をさせてもらい、日々の仕事に活かしています。 妻には色々な面で助けてもらっています。 仕事では車内クリーニング、タイヤのマスキングなどを手伝ってもらい、精神面では最高の相談相手なんです(笑)。 今後はさらに地域の人に認知を広げ、売上を拡大していきたいと思います。 そして、将来的には作業所を倍の広さにしたいと意気込んでいます!

過去を振り返ってみて

営業が苦戦した時などは自然と妻が居酒屋を用意してくれ、話しを聞いてくれることがあります。私は顔には出さないようにしていますが、妻には気づかれてしまいますね。そうやって気にかけてくれ、勇気をくれるのが元気の源です。

日ごろのエピソード

何事も家族と一緒に楽しむのがポリシーです。この前もハーレーダビッドソンが数千台集まるイベントに、私はバイク、妻と娘は車で参加しました。開業直後は毎日ガムシャラに働いていたのですが、妻から「週1日は休めば」と言ってもらい、今は自分のペースで仕事ができています。