TOTALREPAIR

先輩レポート

開業2ヶ月目から好調!この仕事はすぐに成果が分かり、毎日達成感があります。

PROFILE
川﨑オーナー
エリア:東海地方
加盟年次:2015年
前職:航空機の設計
加盟したきっかけ
岐阜県 トータルリペア加盟店
航空機の設計はPCで図面に向かっている時間が多く、もっと現場でものづくりがしたいと思った。トータルリペアを知り、趣味の車と仕事を切り分けるために、あえてウッドリペアを選択。順調に売上を伸ばしている。
独立のキーワード
打ち込めるものが欲しい
営業アプローチ
プロとして自分が磨かれる実感

Q1 加盟のきっかけ

現場でお客様に喜んでいただける。 だからトータルリペアを選びました。

社会的にもインパクトの大きな仕事でしたが、一部の設計だけを担っていると、なかなかものづくりの実感が湧かないのと、若手を育てるポジションになり、「自分でやったことで、直接お客様に喜んでもらいたい」という想いがドンドン強くなっていきました。 そんな時に目に付いたのがトータルリペアです。 元々車が好きだったこともあり、このリペアの仕事に惹かれました。 とはいえ、自分の考えとしては趣味と仕事を切り分けたかったので、トータルリペアの数あるアイテムの中から、ウッドリペアに絞ったサービスで独立することに決めました。

Q2 営業は?

名刺に似顔絵を入れ、 会話のきっかけを作る。

独立してから早くも2ヶ月目に軌道に乗り、予想以上にニーズあると実感しました。 もちろん営業も頑張りました。 得意ではありませんでしたが、名刺に似顔絵を入れるなどきっかけ作りの工夫をすることで、徐々に声が掛かるようになりました。 その後は技術の向上に努め、怠慢にならないように毎日日報を付けて、「作業のモレがないか」、「今回の良かった点・改善点は何か」書いて残すようにしていました。 また、理念の重要性を知り、1人ではありますが策定しました。 「お客様に満足していただき、喜んでいただく」というものを掲げ、実際の作業をしている時に「もういいかな」ではなく、「もう一歩頑張ろう」と思えるようになりました。

Q3 技術習得について

毎日、自分のリペアの成果が分かり、 毎日、達成感のある仕事!

開業して約1年ですが、安定した案件と収益に達することはできました。 しかし、まだ満足はしていません。 技術の向上は常に探究心を持って行う必要があります。 そうすれば、競合が現れても価格を下げずにお客様から「また川﨑にお願いしよう」と言っていただけます。 もう少し取引社数が増えていくのが理想ですが、無理に拡大するつもりはありません。 ニーズはありますが、それよりも100点満点と思える技術を身につけ、既存のお客様により良いリペアを提供していきたいと思います。 前職の設計の仕事ではなかなか完成形が見えませんでしたが、この仕事は毎日自分のリペアの成果が分かり達成感があります。 そこが1番の醍醐味ですね。

過去を振り返ってみて

開業後の初仕事でクローゼットの傷を直したのですが、半日掛けてもうまくいかず、本部のインストラクターに相談しました。すると「小さい傷の部分だけでなく、もっと広い範囲でリペアを考えたほうがいい」とアドバイスをいただき、その通りに行い成功しました。非常に助かりましたね。

日ごろのエピソード

ありがたいことに忙しい時はスケジュールがビッシリ入ってしまいます。もちろん自分次第ですので、プライベートを優先することもできます。お客様の依頼をなるべく優先させますが、まさに自由な働き方ですね。