TOTALREPAIR

先輩レポート

トータルリペアならフランチャイズのメリットを最大限活かし、個人が自由に働ける。

PROFILE
小菅オーナー
エリア:関西地方
加盟年次:2017年
前職:酒販店で店舗運営からエリアマネジメント
加盟したきっかけ
酒販店で店舗運営からエリアマネジメントなどを経験。段々と数字での評価が大きくなり、違和感をおぼえ、独立を決意。仕事の成果が目に見えてわかるトータルリペアで「小菅さんにすべて任せる」という状態を目指す。
独立のキーワード
打ち込めるものが欲しい
手に職がつく
流行廃りないビジネス

Q1 加盟のきっかけ

トータルリペアを知り、 フランチャイズのイメージが一新。

前職は酒販店で店舗運営からエリアマネジメント、さらには輸入酒の卸など責任ある仕事も行ってきました。20年ほど勤めていましたが、東京での販路拡大など営業的な仕事が多くなり任されている反面、全てが数字で評価されるようになりました。その頃から違和感をおぼえ、それまでは夢だった独立というものが現実的になってきました。色々な情報を検索し、「移動販売も面白そうだな」なんて感じていたある時、フランチャイズで技術を身に付け、販路もレクチャーしてくれるトータルリペアを知りました。私の中ではフランチャイズ=コンビニというイメージだったので、フランチャイズで技術が身に付けられることにとても驚きました。

Q2 営業は?

仕事の成果が目に見えてわかる。 それが何より醍醐味です。

独立に向けて業界問わず有名な会社にはすべて話を聴きに行きましたが、やはりトータルリペアが一番印象に残っていました。なにより惹かれたのは、技術を身に付け独立ができる点。そして、仕事の成果が目に見えてわかること。会社員時代は数字で評価されていましたが、ここなら自分の技術やサービスが直接お客様から評価されると思いました。手先が器用なこともあり「研修も大丈夫だろう」と自信があったのですが、甘かったですね(笑)。やはり、一生物の技術はそう簡単ではありませんでした。講師の方に丁寧に教えていただき、研修後も自ら練習を積んで身に付けるものだとまさに今、実感しています。

Q3 技術習得について

「あなたに任せれば安心」 そう言ってもられるように頑張る。

開業後には経験豊富な本部の方が営業同行をしていただけます。一緒に不動産系、中古車販売店、引越し業者など約30件回って、それぞれ前向きな返事をもらえました。まだ開業してから数週間ですので実績は出ていませんが、最初の仕事はすでに入っています。この周辺にはキャンピングカー専門店などもあり、ウッドリペアの需要も高いと期待しています。今後はお客様が「小菅に任せれば安心」という状態を早くつくり、1年半後には年商1000万円となっているように動いていきたいと思います。

過去を振り返ってみて

リペアの工程で調色と呼ばれる「色を再現する技術」があるのですが、ウッドリペアは特に難しいと思います。私の感覚ですが、他のリペアに比べて色が複雑なのと、周りとの相性や木目など色々考慮しなければなりません。経験が必要だと思うので、自宅で練習を積んで、早く自分のものにしたいですね。

日ごろのエピソード

現在は忙しくしていますが、まったくいけないことはないですね。今日も外はあったかいので、この撮影の後もいこうかと(笑)。うまく息抜きしながら、頑張っていきたいと思います。