TOTALREPAIR

先輩レポート

50歳を過ぎてから始めたこの仕事。まだまだこれからの将来が楽しみです。

PROFILE
宇津呂オーナー
エリア:関西地方
加盟年次:2017年
前職:不動産営業
加盟したきっかけ
学生時代に宅建を取得。そこからずっと不動産業界に携わる。トータルリペアは昔から知っていて、50歳を機に好きな仕事で独立を決意。定年のないこの仕事で60歳以降も活躍を目指す!
独立のキーワード
打ち込めるものが欲しい
まずは行動
お客様とのつながり

Q1 加盟のきっかけ

トータルリペアは周りの人から「似合っている」と言われました(笑)

大学時代に宅建の資格を取得し、そこからずっと不動産業界で仕事をしてきました。当時はバブルでしたから、20代でベンツの一番大きいクラスに乗っていましたよ(笑)。その頃から車は大好きでしたね。うろ覚えなんですが、トータルリペアはかなり昔から知っていて「車に携わる仕事は楽しそうだな」と頭の片隅にずっと良い印象があったんです。そこで50歳を過ぎて「いよいよやってみるか」という感じで加盟しました。不思議なことに、不動産で独立しようと考えた時には周りの人から「波が激しいからやめた方がいい」と止められたのですが、同じ人に「トータルリペアをやる」といった時には「似合っている!そっちの方がいい」なんて言われました。

Q2 営業は?

お客様からの期待の高さに驚いています!

研修は丁寧で、本当に勉強になりました。また、開業前の同行営業では、かなりのお客様を一緒に周っていただき、そこからいい返事をもらうことができました。顧客開拓で功を奏したのが、自分の愛車のディーラーとの取引に成功したこと。長年の車好きがここで活かせました。お客様からは、「宇津呂さん、いい仕事していますね」 なんて言ってもらっています。さらに、「私たちもエンドユーザー様の問い合わせにお応えできるので、いつも助かっている。新しい提案もドンドンしてよ」と言っていただいています。この言葉からもトータルリペアのニーズはまだまだ埋もれており、こちらの提案次第でいくらでも仕事が膨らむと実感しています。

Q3 技術習得について

生涯現役の働き方。60歳以降も楽しみです。

今は日々の仕事をこなすので精一杯。それでも1人で仕事をしながら、開業1年で月商70万円は達成できましたから かなり上々だと思っています。私が仕事で大事にしているのは、人と人の信頼関係やお付き合い。常連のお客様が「今回はどうしても予算がないんで」という時には調整して、「次に大きな仕事くださいね」なんて言って、長期的な関係性を大事にしています。これは不動産の仕事と同様ですね。加盟店の先輩にも仲良くしていただいていて、仕事を貰うこともあります。大好きな車に囲まれて、誰にも気兼ねなく作業を楽しむ毎日。生涯現役で出来るので、60歳を超えても楽しみながら続けられたら最高ですね。

過去を振り返ってみて

ポジティブな性格もあって、「失敗した」という経験はないんです。仕上がり後に自分でもうちょっと出来たなという悔しい思いはありますが、そこで悩んでいても前に進めません。常にその繰り返しで技術が上達していくものだと思います。

日ごろのエピソード

休みは適当に取っています(笑)。休みの日も買い物をするぐらいですから、好きな仕事をやっていた方が楽しいんですよ。