TOTALREPAIR

先輩レポート

自分の技術を駆使して『物』を長く使っていただく。社会的にも価値の大きな仕事!

PROFILE
持田オーナー
エリア:東海地方
加盟年次:2017年
前職:オークション検査員
加盟したきっかけ
オークションの検査員として活躍。昔からトータルリペアを知っていて「車売買の回転率を上げるためにはリペアは必須」とニーズがあるのは分かっていた。40歳を機に「人生も折り返し、好きな事で稼ごう」と加盟を決意
独立のキーワード
最後のチャンス
手に職がつく
広報PR方法

Q1 加盟のきっかけ

オークションの検査員から見て市場は拡大!40歳を機に好きなことをトコトンやりたい。

オークションの検査員としてオークションに掛かる車の検査を行っていました。ですので、10年前からトータルリペアは知っていたんです。「車の売買の回転率を上げるためにはリペアは必須」というのは私の周りの中古車屋さんには浸透していて、自分が独立してもトータルリペアであれば確実にニーズがあるとよんでいました。そして、40歳を機に「人生も折り返し地点!好きな事をやって稼いでいこう」そう決意して加盟したんです。これまで高度なリペアを見てきたので、研修もなんとかなるかと思っていましたが、実際に自分が手を動かすとまったく違います(笑)。改めて、うまいリペアの裏にはこんな工程や工夫があったのかと納得しました。

Q2 営業は?

プラスアルファの提案をする。それが高単価の秘訣です。

開業後、まずは車業界の知り合いに挨拶をして回り、ご祝儀でいくつか仕事を貰えました。とても有り難い状況でしたが、私はそれに甘んじることなく、付加価値を提案するなど最初から自分なりに工夫することで、単価を上げていきました。例えば、ホイールリペアのお客様に「ヘッドライトの曇りも取れますよ」と提案します。お客様も知らないだけで「それも出来るの」と喜んでいただき、取引額が上がっていくんです。1件で8万円の受注などもザラです。もちろん簡単ではしないですよ。いただける依頼は遠方でもどんなに難しくてもすべてお受けして、納得いくまで休まずに必死でやっています。逆に、安請け合いはしないようにしていますけどね。

Q3 技術習得について

儲かった分は将来への投資に回す。今は出来ることが増えるのが楽しいです。

上記のような工夫をすることで開業約半年(愛知県)、100万円を達成することができました。今は儲かった分は投資に回しています。車の天張りなどにも対応出来るように材料や技術を自分なりに研究しています。自分で出来るサービスが増えれば自然と単価もアップしていきますからね。トータルリペアであれば「自分の技術を駆使して『物』を長く使っていただく」という社会的貢献にも携われます。技術は研修でしっかり学べますし、その技術を現場で使う時には、困ったら本部のインストラクターに電話ができます。過去の経験からもニーズがあることは分かっているので、近い将来は法人にして、より多くの仕事を請けられるようにしたいと思います。

過去を振り返ってみて

実は、独立は妻には事後報告でした(笑)。やると決めたら、あとは結果で見せていくしかないと思いますので、今は何とか一定の成果は出せているので合格点ではないでしょうか。

日ごろのエピソード

HPの更新や事務作業もあるので、今はボケッとしている暇はないですね。休む時間があれば、次の展開に向けて技術やサービスを磨きます。